安全へのこだわり

土壌・地下水汚染物質

汚染物質の分類

人の健康リスクに影響する土壌・地下水汚染物質には揮発性有機化合物、油類、重金属、硝酸性窒素、農薬、洗剤、内分泌攪乱化学物質(環境ホルモン)、放射性物質、物質でないが病原菌等がある。

地下水汚染の現状

1982年度の環境庁地下水汚染調査における化学物質の検出状況

全国の地下水は平野部、特に都市部で汚染されている。

土壌・地下水汚染化学物質を含まない飲食氷

奥大山ファクトリーや富士山工場(提携)は人の健康リスクを回避するため、多くの汚染因子を避けて高山山腹に立地し、将来も保全されることが期待される山岳国立公園内の清澄な天然深層水を原料とし、飲食氷をつくっております。